MSCI 増配 金融

MSCI、2Qは市場予想上回る 20%増配

指数算出・金融情報会社のMSCIが寄り前に4-6月期決算を発表しました。

営業収入は前年同期比10.8%増の5.52億ドル、調整後EPSは14%増の2.78ドルとなり、市場予想の5.61億ドルと2.69ドルを上回りました

オーガニック営業収入は8.4%増、リカーリング・サブスクリプション収入は16.9%増でした。アセットベースフィーは2.9%減少しました。

新規カーリング・サブスクリプション販売は21.3%増、オーガニック・リカーリングサブスクリプションのランレートは14.1%増でした。

契約更新率は95.5%でした。

指数セグメントのサブスクリプション・ランレート成長率は34四半期連続で2桁%台の増加となりました。

指数セグメントの営業収入は4.9%増、調整後EBITDA利益率は76.4%(前年同期は76.3%)、分析セグメントは4.3%増収、44.4%(同36.7%)、ESG&気候セグメントが40.2%増収と26.0%(同14.6%)と大きく増収となりました。

2022年度通期見通しは設備投資を6,500~7,500万ドルに500万ドル増額し、フリーキャッシュフローは10.05億~10.55億ドルと従来予想の10.50億~11億ドルから下方修正しました。

1株当たり四半期配当は、従来の1.04ドルから1.25ドルへ20%増配しました。

-MSCI, 増配, 金融

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5