TSLA

22年はEV株が好発進 テスラの4Qは生産増加率が加速

テスラ株が3日の米国株式市場で大幅高で始まり、現地9時41分時点で9.8%高となっています。

2021年10-12月の納車台数が前年同期比55%増の30.86万台となり、コンセンサスの26.6万台を大きく上回りました。

7-9月の同73%増からは伸び率は減速していますが、50%近い納車台数増を目指す会社の目標を大きく上回っており、外資系証券は軒並み好評価のレポートを出しています。

生産台数は同70%増の30.58万台で、こちらは7-9月期の同64%増からは加速しており、一段とポジティブと言えます。

直近で、12月の納車台数が前年同月比50%増になったと発表したEVのNIO株も、大きく上昇して始まっています。

-TSLA

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5