UNH

ユナイテッドヘルス 4Qは予想上回る、FY23は据え置き

ユナイテッドヘルス(UNH)が寄り前に、2022年度4Q(10-12月期)決算を発表しました。

収入は前年同期比+12%の828億ドル(市場予想は824億ドル)、営業利益は+24%の69億ドル、利益率は+0.8%ptの8.3%、調整後EPSは+19%の5.34ドル(5.17ドル)と、市場予想を上回りました

保険料収入は+12%の647億ドル、保険料収入に占めるメディケアコストは82.8%で、前年同期から0.9%pt低下しました。

保険部門のユナイテッドヘルスの営業利益は+38%の29億ドル、Optumは+16%の40億ドルでした。

ユニーク個人数は+2%の1.51億人、保険加入者は+2%の5,170万人、公的保険ではカバーされない分野などのために加入されるメディケア・アドバンテージは+10%の711万人と引き続き好調な伸びを示しました。

Optumはデータ分析のInsightの契約受注残が+34%、顧客数は+2%の1.02億人でした。

2023年度の予想は据え置きました。

収入は3,570億~3,600億ドル(22年度実績は3,242億ドル)、調整後EPSは24.40〜24.90ドル(22.19ドル)を見ています。

良好な決算ではありますが、予想は据え置いており大きなサプライズはなかったようです。

寄り前の株価は1%安です。

-UNH

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5