DIS MKC PEP SLB 増配 配当金収入

マコーミックや配当再開のディズニーから3,130円を受領しました

1月8日~12日に、ペプシコ(PEP)、マコーミック(MKC)、ウォルト・ディズニー(DIS)など3銘柄から、合計3,130円の配当金を受領しました(約定日ベース、1ドル=145.10円換算)

前年同週比で+76%でした

2024年の配当金推移

2024年2週目の合計受領額は1万1031円(前年同期比+59%)となっています

年初来株価: ディズニーのみプラス

株価の年初来騰落率は、DIS以外がマイナスです。DISもS&P500を0.2%ptアンダーパフォームしています

原油安でシュルンベルジュ(SLB)が軟調で、年初からもディフェンシブの一角が売り優勢の流れで、MKCとPEPも冴えません

増配: マコーミックが+8% ディズニーは配当再開

今回、MKCが増配となりました(+8%)。38年連続増配です

DISは2019年以来の配当再開です

配当利回り: ペプシコが3.0%と高め

直近増配率が高いのはSLB(+43%)です

配当利回りはPEPが3.0%(51年連続増配なか)、MKCが2.5%と高いです

DISは0.66%と低めです(年2回配当の想定です)

(株価騰落率、配当利回りは1月12日時点です↓)

個別銘柄データ

ウォルト・ディズニー(DIS)

マコーミック(MKC)

ペプシコ(PEP)

シュルンベルジェ(SLB)

-DIS, MKC, PEP, SLB, 増配, 配当金収入

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5