MSFT

マイクロソフトが下方修正、ただしFXの影響で

マイクロソフトが2日の米国株で大幅下落で始まりました。

4-6月期売上高見通しを従来予想の524~532億ドルか、519.4~527.4億ドル、希薄化後EPSは2.28~2.35ドルから2.24~2.32ドルへ引き下げました

ただし、引き下げ幅は「追加の為替悪影響」分となっており(ドル高の影響)、実質的な業績の下方修正というわけではありません。業績予想は5月までの推移を考慮して、引き下げたものです。

-MSFT

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5