NKE 一般消費財・サービス 銘柄Update

ナイキ、3Qは予想上回るも見通しで時間外5%安

ナイキ(NKE)の23/3Q(12-2月期)決算は売上高が前年同期比で横ばいの124.3億ドルと市場予想の123.1億ドルを上回り、希薄化後EPSは-3%と市場予想の0.79ドルを下回りました

かねてよりアナウンスしていたリストラ費用を営業費用に3.4億ドル(EPSで0.26ドルのマイナス影響)計上したことで減益でした

時間外取引で株価は一時7%ほど上昇しましたが、2024年度上期(6-11月期)の売上高が1桁%台前半の減少になるとの見通しを電話会議で公表し、現在は5%安に転じています

2023年度の通期売上高見通し(+1%)は据え置きました

3Qの地域別売上高は北米が+3%と増収に転じ、市場予想の48億ドルを上回りました

欧州・中東・アフリカは減収に転じましたが、大中華圏は+5%と増収を保ち、市場予想の20.4億ドルよりも良好でした

主力のフットウェアが+2%と底堅い一方で、アパレルは-3%と減収率が拡大・悪化しました

期末在庫は-13%の77.3億ドルで、前四半期よりも減少し、市場予想の81.6億ドルを下回りました

粗利益率は+1.4%の44.8%で市場予想の45.1%は下回りました

NIkEダイレクト売上高は為替影響除外ベースで小幅増の54億ドル、NIKEデジタルは-3%でした

卸売上高は為替影響除外ベースで+3%の66億ドルで市場予想の62億ドルを上回りました

-NKE, 一般消費財・サービス, 銘柄Update

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5