CVX NEE PLUG SRE TSLA エネルギー

テスラが200日平均を回復、エネルギーも分散が大事

週末のロシア、ウクライナ情勢(ロシアの一部銀行のSWIFTからの除外など)を受けて、原油高が一段と進み、原油関連のほか、代替エネルギー関連銘柄への買いが続いています。

一部証券が目標株価を引き上げたテスラが7%高で、200日平均を回復しました。私のその他の持株の中ではプラグパワーやネクステラエナジーなど、水素や太陽光、風力発電関連も堅調でした。

BPやシェルなど欧州エネルギー大手によるロシア企業とのプロジェクト解消の動きが顕著になっており、再生エネルギー需要への期待が高まる格好です。

基本的には再生エネルギー発電が短期間のうちにロシアからのLNGを代替できるほどの規模になるのは不可能で、今回の件を機とした株価のモメンタムが長続きするとはみていませんが、エネルギーミックス、分散の重要性を感じさせます。

LNG輸出事業を手掛けるセンプラエナジーやシェブロン(共に保有銘柄です)も続伸しました。再生エネルギーだけではダメで、かと言って天然ガスやLNGなど従来エネルギーだけでもダメであり、投資家はバランス良く銘柄を保有することが求められそうです

-CVX, NEE, PLUG, SRE, TSLA, エネルギー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5