APD 素材

エアープロダクツが反発、23年9月期は9~12%増益を見込む

産業ガス大手のエアープロダクツが3日の寄り前に2022年度4Q(7-9月期)を発表し、3日の株価は前日比1.6%高となっています。

前四半期に続いて、ボリューム、価格共に前年同期比で増収に寄与し、コスト増のキャッチアップが進んでいます。調整後EPSは前年同期比で0.38ドル増えましたが、ボリュームが0.38ドル、価格が0.39ドルのプラス寄与となりました(為替は0.15ドルの逆風)。

2023年9月期の調整後EPSは、前期比9~12%増の11.20~11.50ドルを見込んでいます。2022年度は15%増益でした。

-APD, 素材

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5