AMZN 一般消費財・サービス

アマゾン、4QはEコマースの継続改善とAWS加速を示唆

アマゾン・ドット・コム(AMZN)は2023年度4Q(10-12月期)決算や2024年度1Q(1-3月期)の営業利益見通しが市場予想を上回り、2日の株価は+7.9%の171.81ドルと、2年超ぶりの高値をつけました

引き続きオンライン店舗(Eコマース)の収益改善が続いたほか、10-KからはAWSの収入成長率が今後加速に向かうことを示唆するポジティブなデータも確認できました

マイクロソフト(MSFT)と同様に、生成AIの追い風を受けつつあることが示されました

全セグメントが10%台の増収 AWSの利益率も安定

4Qの売上高は+14%の1,700億ドル(市場予想は1,662億ドル)、希薄化後EPSは33倍の1.00ドル(同0.78ドル)でした

1Q見通しは売上高が1,380~1,435億ドル(同1,420億ドル、前年同期は1,274億ドル)、営業利益は80~120億ドル(同91.2億ドル、前年同期は48億ドル)としました

セグメント別売上高はいずれも10%台の増収となり、売上拡大トレンドが続いています

特に北米外が+17%と好調でした

営業利益は北米が65億ドルと、AWS(72億ドル)との差をさらに縮めました。北米外は赤字が続いていますが、あと少しで黒字転換という水準です

AWSの営業利益率は前四半期からは低下して29.6%となりましたが、前年同期比での低下トレンドは収束しています。AWSの売上高(242億ドル)は+13.2%と、前四半期の+12.3%から若干加速しました。市場予想の242億ドルを下回りましたが、人員削減効果で営業利益は市場予想を上回りました

全社の営業利益率者前四半期と同等の7.8%でした

オンライン店舗が9%増収に加速、効率化も継続

カテゴリ別売上高は、オンライン店舗が+9%と改善トレンドが続きました。同様にサード・パーティ・セールスも+20%と好調で、広告も+27%と、アマゾンのオンライン経済圏の堅調ぶりが確認されました

オンライン店舗は引き続き効率化が進んでおり、販売個数(+12%)に対して出荷費用の伸び(+11%)は抑制されました。2022年度3Q以降、概ね同様の傾向が続いており、Eコマース事業の収益性アップにつながっています

米国のフルフィ ルメントネットワークの地域化でプライム会員の配送速度は過去最速になり、サービスコストは削減されたと説明されました。2018年以降で初めて、グローバルでユニット当たりのサービスコストを引き下げることができたとしています

コスト低下によって、配送速度の改善に投資できるだけでなく、平均販売価格の低い手頃な製品のラインアップを増やすことができるとしています。コスト低下の取り組みは 2024 年以降も続け、今後の改善余地を示しました

足元では中国系EコマースのSheinやTemuが主にアパレル分野で米国でも存在感を高めていますが、アマゾンの継続的なサービスコストの低下や低価格の製品ラインアップの強化は、こうした新たなライバルに対する防御壁として期待できそうです

AWS、契約履行義務は+41%に急加速 契約残存年数も大幅増

10-K資料において、契約履行義務(1年以上の契約で収入認識されていない額。主にAWS)は+41%の1,557億ドルで、前四半期の+28%から大きく加速しました。近い将来のAWS収入成長率の加速が示唆されています

AWSの平均契約残存年数は4.0年と、直近で最も短かった前四半期の3.5年から大きく伸び、これもポジティブです

4QのAWS業績に関しては、顧客及び機能の提供に長期的に注力し続けており、「Bedrock」や「Q」、「Trainium」などの新たな生成AI 機能が組み合わさることで、顧客の需要を集め、業績に反映され始めていると説明されました

既存顧客が長期にわたりより大規模の契約更新を行っており、パイプライン(見込み案件)は引き続き力強いとしています。7-9 月期と同様に、顧客のコスト最適化の影響は落ち着きがみられており、より多くの企業が新しい計画や既存のクラウド移行の再加速に目を向けているとしました

2024年度のAWSの再成長が期待されます。会社は、加速トレンドは 2024年も続くと予想しています

フリーキャッシュフローは279億ドルに大幅増

フリーキャッシュフローは279億ドルに大きく伸びました。設備投資が抑制基調にあるなか、本業の成長で営業キャッシュフローが好調で、手元キャッシュが増えています

自社株買いゼロも利益増で株主リターンは拡大中

4Qも自社株買いは実施されませんでしたが、純利益の大幅増により、過去12ヵ月間の株主リターン(純利益+株主還元)は12月末時価総額の2%近くに拡大しました

ROE、ROICも上昇が続いています

-AMZN, 一般消費財・サービス

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5