AMAT 情報技術 銘柄Update

アプライドマテリアルズ 3QはICAPSや先端ロジックが補う見通し 

アプライドマテリアルズ(AMAT)の2024年度2Q(2-4月期)決算の電話会議の要約です

決算翌日17日の株価は1%安でしたが、会社は引き続き半導体市場における技術優位性の高さとそれをもとにした成長余力について前向きな見方を示しました

3Q(5-7月期)については、好調な中国向けDRAMが落ち込む一方で、ICAPS(IoT、通信、自動車、パワー、センサーや先端ロジックが補う見込みとしています

トランジスタ・ステップのプロセス装置支出の50%以上を獲得する勢い

先端ロジックでは、AMATはトランジスタと配線の材料エンジニアリングプロセスで長年にわたってリーダーシップを発揮してきた

ゲートオールアラウンドトランジスタを使用する最初のノードは、現在量産に移行しつつある。これらの新しいトランジスタのプロセスフローはかなり複雑で、FinFETからゲートオールアラウンドへの移行により、AMATのトランジスタモジュールの市場規模は、月産10万ウェーハの生産能力あたり約60億~約70億ドルに拡大する

ゲート・オールアラウンドへの移行に伴いAMATはシェアを拡大しており、トランジスタ・ステップのプロセス装置支出の50%以上を獲得する勢いである

インターコネクト(高速・低消費電力でのデータ伝送に使用される配線)においても、非常に高い市場シェアを持っている。AMATの配線ステップの市場規模は月産10万枚のウェーハスタートで約60億ドルであり、バックサイド・パワー・デリバリー(背面電力供給)が大量生産に導入されれば、10億ドル拡大すると予想している

全体として、ゲート・オールラウンド・ノード(GAA:電流が流れるチャネルの全周をゲートで囲み、チャネルの調整能力を高めたトランジスタの構造)からの収益は今年25億ドル以上、2025年にはその2倍以上になる可能性があると見込んでいる

DRAM: 2024年のHBMパッケージング売上高は今年6倍に成長する可能性

DRAMでは、広帯域メモリで使用されるダイ・スタッキング技術、マイクロバンプやスルーシリコン・ビアなどでも強力なリーダー的地位を確立している。前回、AMATは2024年のHBMパッケージング売上高が2023年の4倍になると予想していると述べた。最近、顧客各社がHBMの容量計画を加速させているのを目の当たりにしているため、当社の売上高は今年6倍、6億ドル以上に成長する可能性があると考えている

すべてのデバイスタイプにおいて、当社のアドバンスト・パッケージング製品ポートフォリオからの収益は、今年約17億ドルに成長すると見込んでいる。この先、AIデータセンターだけでなく、ヘテロジニアス・インテグレーション(異種統合)がより広く採用されるようになり、当社が提供する市場を拡大する新製品を投入することで、この事業が再び倍増する機会があると考えている

材料科学と材料工学は、半導体産業のロードマップにおいてますます重要性を増している。AMATは、AIハイパフォーマンスコンピューティングからICAPSエッジコンピューティングまで、半導体の主要な変遷を可能にするために不可欠な、広範でユニークな材料工学ソリューションのポートフォリオを開発するために、早くから投資を行ってきた。

5年連続でウェハ製造市場を上回る成長率

TechInsightsの最新データによると、AMATの2023年の成長率は5年連続でウェーハ製造装置市場を上回った。貿易ルールによる逆風が吹き荒れ、中国市場でのシェアが10%以上に制限されたと推定されるにもかかわらずだ。AMATは全体としてシェアを拡大しているが、対象市場内でのシェア拡大はさらに加速している

これは非常に重要なことで、ロジック・デバイスがより3次元化し、次世代DRAMが市場に登場し、高度なパッケージングが普及するにつれて、ウェハ・ファブ設備全体に占める材料エンジニアリングの割合がさらに大きくなると予想されるからだ

当社は、主要なデバイスの変遷を加速させる、より完全で接続されたソリューションを提供することができる。当社の収益に占める統合ソリューションの割合は、2019年の約20%から現在では30%に拡大している。このようなファブ・イン・ア・ファブ型のソリューションに対する需要は、最先端でも、特殊なIoT、通信、自動車、電力、センサー用途にサービスを提供するICAPSの顧客からも、引き続き拡大すると予想している

サービスの大部分は長期のサブスクリプション契約

当社の収益の一部は、顧客が新技術をより早く大量生産に移行し、工場運営のパフォーマンス、歩留まり、生産量、コストを最適化するのを支援している。これがサービス事業の2桁成長を支えている

アプライド・グローバル・サービシズ(AGS)は今期、売上高で新記録となる15億ドルを達成したが、その大部分は長期サービス契約という形でのサブスクリプションによるものだ。このようなファブ・イン・ア・ファブ型のソリューションに対する需要は、最先端でも、特殊なIoT、通信、自動車、電力、センサー用途にサービスを提供するICAPSの顧客からも、引き続き拡大すると予想している

長期的な成長トレンドの恩恵を受ける絶好のポジションにある

当社は2024年も好調な業績を維持し、長期的な成長トレンドの恩恵を受ける絶好のポジションにある。AI、IoT、EV、クリーンエネルギーなど、世界経済を再構築するテクノロジーの地殻変動は半導体を基盤としており、より多くのチップと、より高性能でエネルギー効率に優れた新型チップの需要を促進している

AMATは、半導体のロードマップを支える主要なデバイスアーキテクチャの変遷を実現する。ゲート・オールアラウンド・ロジック・ノード、高性能DRAM、HBM、アドバンスト・パッケージングなどの次世代チップ技術が量産に移行する中、アプライド マテリアルズの継続的な業績向上が期待される

複雑化する業界ロードマップは、アプライド マテリアルズとお客様やパートナーとの協業をより早く、より深く、より広範に推進し、当社の最先端の協調最適化ソリューションや統合ソリューションへの需要を加速し、サービス事業の2桁成長を支えている

3Q見通し: 中国の落ち込みをICAPSや先端ロジックが補う見込み

第1四半期と第2四半期にかなり高かった中国向けDRAMの出荷が、下半期には落ち込むと見ている。ICAPSの好調とリーディング・ロジックの好調が、DRAMの落ち込みを補うだろうと予想する。第3四半期はまさにそのような状況になると見ている

24年にゲート・オールアラウンドの出荷に関連するビジネスを25億ドル見込んでいることを強調した。25年には、このプロセス技術が大量生産に向けて成長するにつれて、このビジネスが大きく成長することを期待している

-AMAT, 情報技術, 銘柄Update

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5