AAPL LEVI PG STZ TXN 増配 配当金収入

アップルやP&Gから約7,600円の配当金を受領しました

5月15日〜19日に、アップル、P&G、テキサス・インスツルメンツ(TI)、リーバイス、アルコール飲料大手のコンステレーションズ・ブランズから、合計約7,600円の配当金を受領しました(約定日ベース、1ドル=137.7円換算)。

年初からの累計は、7万9859円となりました(1週当たり平均で約3,990円)。

アップル(前回比4%増配)、P&G(3%増配)、コンステレーションズ・ブランズ(11%増配)増配しました。

P&Gは67年連続増配です。

配当利回りが高いのはリーバイスで、3.70%です。

ただし、決算で株価が急落し、先週のフットロッカー決算を受けたアパレル株売りも逆風となっており、ファンダメンタルズは芳しくありません。

TIは2.92%、P&Gは2.46%、アップルは0.55%となっています。

AAPL: 2023年の配当金は4%増の見通し、株価は年初来高値

LEVI: 2023の配当金は9%増の見通し、RSIは売られ過ぎ圏に接近

PG: 2023年の配当金は4%増の見通し、株価は最高値圏から反落

STZ: 2023年の配当金は10%増の見通し、決算後に株価は反発基調

TXN: 2023年の配当金は6%増の見通し、株価はMACDがマイナス圏に接近中

-AAPL, LEVI, PG, STZ, TXN, 増配, 配当金収入

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5