米国株サマリー

【5/1】FOMCは過度な警戒薄れる アマゾン2%高、スタバやエヌビディア大幅安

米国株式市場の動き

  • パウエルFRB議長、年内利下げに自信持てないとしつつも、「次のアクションは利上げではない」と想定よりもタカ派なスタンスは示さず
  • 過度な警戒は後退するも、S&P500は引けにかけてFOMC前の水準に売り戻され小幅安
  • ISM製造業は-1.1の49.2 新規受注や生産小幅低下する中で価格は+5.1の60.0とインフレ加速を示唆
  • セクター別騰落:金利低下で公益が堅調、原油安のエネルギーやAMD・SMCI急落の情報技術が軟調

保有銘柄: 騰落率ランキング

主な保有銘柄の動きと材料

ベリスク・アナリティクス(VRSK)

1Qが予想を上回る、26%増益

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

ベビーパウダーによる卵巣がん訴訟で1.7兆円規模の和解案提示

アメリカン・ウォーター(AWK)

金利低下で公益株堅調 8%増配を発表

アマゾン・ドット・コム(AMZN)

2Q見通しが市場予想下回るも、AWS加速や広告好調などを高評価

ADP(ADP)

3Qは市場予想を上回る、15%増益

スターバックス(SBUX)

通期見通しの大幅下方修正で2年超ぶり安値 アナリスト目標株価平均は92ドルへ急低下

エスティローダー(EL)

通期調整後EPSは上方修正も、予想下回る 売上高は下方修正

インテグリス(ENTG)

1Qは予想上回る5%増益も、2Q見通しが予想下回る

これまでに決算を発表してきた他の半導体企業同様、ソフトな2Q見通し

エヌビディア(NVDA)

AMDとSMCIが決算と見通し受けて急落し、半導体セクター全体に売り広がる

ヤムブランズ(YUM)

1Q売上高が増収の市場予想に反して3%減収 外食不振が強まる

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5