AJG CSX CTVA EL FDS HSY MCD NEE UNH 増配 配当金収入

【週間配当金】ユナイテッドヘルスや高値更新中のAJGから6,475円を受領

9/18~22に、ユナイテッド・ヘルス(UNH)やマクドナルド(MCD)、シンタス(CYAS)など10銘柄から、合計6,475円の配当金を受領しました(約定日ベース、1ドル=148.3円換算)。

年初からの累計は、20万5563円となりました(1週当たり平均5,410円)。

年初来で株価が好調なのは、保険ブローカーのアーサー・J・ギャラガー(AJG)で24%高です。9月も最高値を更新しました。

インフレで保険対象の資産価値の上昇に伴い、保険金収入が増加しています。

近年は自然災害、テロ、サイバーセキュリティなど、保険が重要となる分野が増えており、主に企業を対象にリスクを分析、必要な保険を提案・コンサルするAJGの業績は安定的に拡大しています。

AJGは小さい企業の買収を繰り返していますが、買収した企業を統一的な経営理念「ギャラガーウェイ」(顧客企業にベストな保険・リスク管理ソリューションを提供する)を浸透させ、企業価値を強固なものにしている同社の経営戦略に、私は惹かれています。

保有銘柄の中では、ハイテク以外では今年トップクラスのパフォーマンスとなっています。

次いで、ファクトセット(FDS)やユニフォームレンタルのシンタス(CTAS)などが年初来で上昇していますが、S&P500をややアンダーパフォームしています。

株価が軟調なのはエスティーローダー(EL)やネクステら(NEE)、コルテバ(CTVA)などです。

ELは中国の団体旅行解禁で業績もメンタムの回復を期待したいところですが、中国人の消費力は一時の様なパワーは期待しづらく、株価の戻りには相当な時間がかかりそうです。

直近で増配率が高いのはCTASやハーシー(HSY)、 UNHなどで、他にNÉE、CSX(CSX)、EL、FDS、MCDも10%の増配率となっています。

CTASとCTVAは今回から増配となりました。

配当利回りが高いのは、NÉEやHSY、MCDです。HSYやMCDなどの生活必需品株は、株価下落で配当利回りが上昇基調にあります。

-AJG, CSX, CTVA, EL, FDS, HSY, MCD, NEE, UNH, 増配, 配当金収入

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5