DE J LEVI PFF 増配 配当金収入

【週間配当金】ディアが8%増配、ジェイコブスの株価が堅調

11/6~11/10に、ディア(DE)やリーバイ・ストラウス(LEVI)、ジェイコブス(J)、優先株式&インカムETF(PFF)の4銘柄から合計1,338円の配当金・分配金を受領しました(約定日ベース、1ドル=151.40円換算、終値は11月10日)。

年初からの累計は22万9591円となりました(1週当たり平均5,102円)。

年初来で株価が好調なのはエンジニアリング・コンサル大手のJで、11%上昇しています。

インフラの設計コンサルをメインとしており、米国のインフラ需要などは追い風です。EPSは2桁%成長が見込まれています。

軟調なのはDEで13%安です。キャタピラー(CAT)など建機関連が決算で株価が売られており、受注残の減少などが警戒されています。

また、農薬企業の決算が特に冴えないことから農業関連銘柄への売り圧力が強まっているようです。

DEは今後のEPSは停滞が見込まれています。なお、今回8%増配となりました。

J、DE共に配当性向は10%台と低いです。

直近の増配率が高いのはLEVI(20%)、J(13%)です。

配当利回りはLEVIが3.39%と高いです。アパレル企業は総じて景気減速から業績が冴えず、LEVIも通期見通しの下方修正が続いています。

今期は27%減益予想で、来期は増益に転じる市場予想です。配当性向は50%台です。

PFFは直近12ヵ月配当利回りが7.36%です。

配当金・分配金一覧

個別銘柄データ

-DE, J, LEVI, PFF, 増配, 配当金収入

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5