米国株サマリー

【3/4】反落 エヌビディアは高値更新

主要指数とセクター別騰落率

S&P500は0.1%安

今週はパウエル議長証言を控えて神経質な展開が予想されるなか、4日は罰金を受けたアップルなど一部大型ハイテク株の下げや金利の反発が重荷になりました

S&P500に採用されたスーパーマイクロが急騰し、AI期待から半導体SOXは買われました

セクター別では公益や不動産が堅調、中国新車販売が低調だったテスラの一般消費財が軟調

(右チャートはSPDR S&P500セクター別ETF)

保有株騰落率

値上がり率上位

  • NVDA SMCI急騰が刺激 時価総額はサウジアラムコを抜く
  • CEG 最高値 UBSは201ドルへ引き上げ
  • URI 11億ドルでM&A
  • COST 最高値 8日決算控え目標株価引き上げ
  • DIS 年初来高値 業績改善期待続く 

値下がり率上位

  • TSLA 2月の中国出荷台数が1年振り低水準
  • ALB U 中小型はボラティリティ再燃
  • GOOGL AI出遅れ懸念続く
  • AAPL 欧州音楽ストリーミングで罰金

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5