米国株サマリー

【5/22】FOMC議事録で下落 アナログデバイセズ最高値、エヌビディアは時間外で1,000ドル乗せ

米国株式市場の動き

  • エヌビディア決算控えるなか、午後のFOMC議事要旨(より長期で政策金利を高水準、一部参加者は追加利上げに前向き)を受けて下落
  • 出遅れ景気敏感株に買い アナログデバイセズ(10%高)の好決算と見通しは刺激
  • テスラやペイパルは業績懸念で下落
  • 引け後決算のエヌビディアは時間外で5%高、初の1,000ドル乗せ
  • セクター別騰落:情報技術やヘルスケアが上昇、エネルギーや公益が下落

主な保有銘柄の動きと材料

アナログデバイセズ(ADI)

最高値更新 5-7月期見通しは市場予想を大きく上回り業績底打ち感が増す エッジAI需要は追い風に

プラグパワー(PLUG)

エアバス、デルタ航空と水素ベースハブの実用化検証で協業

オンセミコンダクター(ON) TI(TXN)

ADI好決算と見通しで産業系半導体株が連れ高

スターバックス(SBUX)

失望的な見通し下方修正後は買い優勢

CSX(CSX)

200日線での2度目の反発

テスラ(TSLA)

4月の欧州新車登録台数が-2%、バッテリーEV市場 +14%の中で苦戦際立つ

シュルンベルジェ(SLB)

WTI原油先物が77ドル台に下落 エネルギー株が軟調

ペイパル・ホールディングス(PYPL)

CFPB(米消費者保護局)がBNPL業者にクレジットカードの消費者保護規則の一部を適用すると発表 BNPL関連に売り

保有銘柄 騰落率ランキング

値上がり率上位20

値下がり率上位20

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5