米国株サマリー

【5/17】ダウは初の4万ドル超えで終える、ハイテク以外の景気敏感株に買い JPモルガン最高値

米国株式市場の動き

  • まちまち ダウは4万ドル超えで終える
  • ソフトランディングや利下げ期待が意識される中、原油や金先物価格が上昇、景気敏感株に追い風
  • MSCI、スタバやテスラなど年初来のアンダーパフォーム銘柄に買い戻し、半導体(SOX)は下落
  • セクター別騰落:エネルギーや素材が堅調、情報技術と生活必需品は下落

主な保有銘柄の動きと材料

スターバックス(SBUX)

軟調銘柄に買い戻し 2022年安値でで下げ渋る展開

フランコネバダ(FNV)

7ヶ月ぶり高値 金先物やWTI先物(80ドル回復)が上昇基調

テスラ(TSLA)

中国や自動運転期待が下支え 中国で走行データを自動運転技術開発に活用する計画を検討との報道

MSCI(MSCI)

7日続伸 決算後の急落の窓をほぼ埋める

アルファベット-A(GOOGL) JPモルガン・チェース(JPM)

最高値更新 景気敏感株(広告、金融)の一角として買い続く 

プラグパワー(PLUG)

ゲームストップなどミーム株人気が急速に衰え

エヌビディア(NVDA)

マイクロソフトがAMDのAIチップ活用したクラウドサービスの提供を検討

AMD株高、エヌビディアの最高値更新はお預け 来週22日に決算発表

アプライドマテリアルズ(AMAT)

5-7月期見通しも予想上回るも、サプライズには至らず アナリストの目標株価は引き上げが優勢(平均は232.57ドルに上昇)

保有銘柄 騰落率ランキング

値上がり率上位20

値下がり率上位20

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5