米国株サマリー

【4/24】小動き テスラやTI大幅高、時間外でメタやサービスナウ急落

米国株式市場の動き

  • テスラ急騰や一部半導体が大幅高も、金利上昇が重荷 週内発表のGDPやPCE控えて動きにくい
  • 引け後決算 メタ(META)時間外15%安、4-6月期収入見通しの弱さや通期設備投資増見通しを嫌気 4-6月期サブスク収入見通し低調なサービスナウ(NOW)も5%安、見通し良好なラムリサーチ(LRCX)も下落
  • セクター別騰落:テスラ急騰の一般消費財や半導体が堅調 生活必需品と公益のアウトパフォーム続く ボーイング下落の資本財は軟調

(右表はSPDR S&P500業種別ETF)

保有銘柄: 騰落率ランキング

主な保有銘柄の動きと材料

テスラ(TSLA)

低価格モデル含む新型車の早期投入計画を好感 アナリスト目標株価(平均180ドル)には大きな変化なく

コスターグループ(CSGP)

1Q良好、通期上方修正

オンセミコンダクター(ON)

テスラ急騰に連れ高

テキサスインスツルメンツ(TXN)

ボックスレンジ上限へ大幅高、4-6月期見通しが市場予想を上回る

同業のアナログデバイセズ(ADI)やモノリシック(MPWR)などアナログや産業系半導体に買い

AT&T(T)

1Qの携帯契約純増数が予想上回る

エヌビディア(NVDA)

テスラ急騰は他MAG7に広がらず、レジスタンスラインを意識するような下げ

イスラエルのAIソフト企業を買収

ボーイング(BA)

1Q売上高予想上回も売り優勢で年初来安値

ムーディーズはジャンク債まで1段階のBaa3に格下げ

CSX(CSX)

同業のカナディアンパシフィック(CP)が市場予想下回る決算で急落

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5