米国株サマリー

【4/25】GDP受けて下落 メタ急落もエヌビディア高い 時間外でアルファベット、マイクロソフト、KLAが上昇

米国株式市場の動き

  • 弱めのGDP(輸入や在庫は押し下げ)は高インフレを示唆し、スタグフレーション警戒が走る
  • メタ(META)急落もショックには至らず エヌビディア(NVDA)は大幅高 決算のキャタピラー(CAT)は急落
  • セクター別騰落:素材やエネルギーが堅調、META のコミュニケーションは4%安

(右表はSPDR S&P500業種別ETF)

保有銘柄: 騰落率ランキング

主な保有銘柄の動きと材料

キャリア・グローバル(CARR)

1Q売上高は市場予想下回るも、利益は上回る

ユナイテッドレンタルズ(URI)

1Q好調、通気見通しは市場予想を上回る水準へ上方修正

テスラ(TSLA)

新型車両への期待買い続く 株価チャートは前日値をほぼ覆う包み線

エヌビディア(NVDA)

半導体株が堅調 メタの通期設備投資見通しの増額はAI関連半導体株にポジティブ

KLA(KLAC)

時間外で2%高に上伸 3Qは予想上回り、4Q調整後EPS見通しは市場予想を上回る

メタ・プラットフォームズ(META)

前日時間外(15%程度下落)と比べてややマイルドな下げ 100日線を回復して終了

インターパフューム(IPAR)

52週安値 1Q売上高が市場予想を下回る

アルファベットーA(GOOGL)

メタ急落に連れ安 引け後は1Q好決算と配当支払い開始で時間外12%高

マイクロソフト(MSFT)

時間外4%高 3Q好調、4QはIC(インテリジェントクラウド)の収入予想は市場予想を上回る

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5