米国株サマリー

【4/15】S&P5100割れ テスラ年初来安値、リーバイスやナイキは上昇

米国株式市場の動き

  • 週末の中東情勢(エスカレートには至らず。ただしイスラエルの報復検討観測あり)受けて上昇スタートも、予想上回る小売売上高からの金利高やドル高を嫌気 午後にハイテク株主導で下げに転じる
  • ダウは買収観測のセールスフォース急落も、好決算のGSや一部のヘルスケア銘柄が支え
  • セクター別騰落:連日で全業種下落 情報技術や不動産が特に軟調

(右表はSPDR S&P500業種別ETF)

主な保有株の動きと材料

リーバイストラウス(LEVI)

良好な米消費からアパレル株は底堅い アパレル小売売上高は前年比はプラス

ナイキ(NKE)

米消費が支え モルスタはアディダス(ADS)をオーバーウェイトへ2段階格上げ

ユナイテッドヘルス(UNH)

ディフェンシブ業種がアウトパフォーム 今晩決算発表

ロッキード(LMT)

中東緊迫化が支えも、仕掛け的な動きはみられず

170億ドルの米ミサイル防衛システムを受注

テスラ(TSLA)

年初来安値 従業員10%以上のカットを明らかに 一部幹部も退社

エヌビディア(NVDA)

金利・ドル高でハイテク株に利益確定売り広がる

サービスナウ(NOW)

グッゲンハイムはニュートラルに格下げ

MSCI(MSCI)

200週線割れ 相場下落で運用資産残高収入に逆風

保有銘柄の騰落率上位↓

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5