米国株サマリー

【4/12】全面安 決算のJPモルガンやゾエティス急落、アップルは続伸

米国株式市場の動き

  • 地政学的リスクやインフレ警戒継続(米国輸入価格が上昇)で幅広い銘柄に売りが先行
  • 決算の銀行株下落も重荷 純金利収入の見通しが市場予想下回ったJPMが6%安
  • セクター別騰落:全業種が下落 素材やコミュニケーションなど景気敏感銘柄の下げが先行

(右表はSPDR S&P500業種別ETF)

主な保有株の動きと材料

アップル(AAPL)

小幅続伸 AIへの期待が下支え

キャリア・グローバル(CARR)

米国のHVAC(冷暖房空調設備)市場に改善の兆し

ビザ(V)

大手銀行決算はクレジットカード決済の加速傾向を示す

ゾエティス(ZTS)

年初来安値 犬猫関節炎治療薬LibreleとSolensiaの数千件の副作用報告を受けて欧米当局が調査中とWSJが続報

同薬のリスク懸念は数ヶ月前から市場で意識済みで続報に目新しさはないとの見方も ZTSは薬は安全であると強調

オンセミコンダクター(ON)

年初来安値 決算発表前にEV懸念が強まる展開か アルベマール(ALB)も大幅安

コルテバ(CTVA)

JPモルガンはニュートラルに格下げ 在庫削減続き2024年度計画の達成可能性を疑問視

インテグリス(ENTG)

SOX指数3%安 中国が通信会社による利用を禁じたAMDとインテルが大幅安

保有銘柄の騰落率上位↓

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5