米国株サマリー

【4/10】強いCPIで下落 エヌビディアやメタは上昇

米国株式市場の動き

  • 強いCPIで下落 自動車保険の伸び影響強く大幅ショックとまでは言えず
  • FOMC議事録では保有証券の減少ペースをおよそ半分に落とすことへの支持など明らかに
  • CPI前に売られていたエヌビディアやメタは上昇 エネルギーのエクソンは最高値
  • セクター別騰落:エネルギーのみ上昇 金利一段高で不動産や公益事業、中小型株が大幅安

(右表はSPDR S&P500業種別ETF)

主な保有株の動きと材料

エヌビディア(NVDA)

CPI前の売りから買い戻し TSMCの1-3月売上高は市場予想上回る

ドミノピザ(DPZ)

年初来高値 アナリストからポジティブな見方続く

ロッキード(LMT)

ドル指数が年初来高値つけるなか、ウェイストマネジメント(WM)など内需株の一角が堅調

コンステレーションブランズ(STZ)

今晩決算発表 ウェドブッシュはアウトパフォーム継続

シェブロン(CVX)

中東緊迫続く中、原油高でエネルギー株は上昇

コスターグループ(CSGP)

金利上昇で不動産や中小型株が大幅安

テスラ(TSLA)

金利上昇でEV販売落ち込み懸念 BofAは220ドルへ引き下げ

インドでのEV製造建設でリライアンスと協議中との報道

MSCI(MSCI)

200日線へ下落 マーケット不確実性上昇で金融情報会社の下げ目立つ

保有銘柄の騰落率上位↓

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5