米国株サマリー

【3/12】S&P500最高値 CPI加速は想定内 エヌビディア7%高

12日の主要株価指数は上昇し、S&P500は最高値を更新しました

寄り前に発表されたCPIは市場予想を上回りましたが、上振れは事前にある程度想定されていました

前月比で1月に+0.6%に加速した帰属家賃が+0.4%に減速、サービスの住宅とエネルギーを除いたベースも減速するなど、インフレ減速の兆しも見られたことから、相場を下落方向に変えるには至りませんでした

セクター別では情報技術、コミュニケーション・サービスなど調整下にあったハイテク株が大きく買い戻され、公益や不動産は下落しました

ラッセル2000はほぼ変わらず、S&P500均等指数ETFも小幅高にとどまりました

エヌビディア(NVDA)が7%上昇する一方、製造トラブルによって一部航空会社にもマイナス影響が広がったボーイング(BA)が年初来安値をさらに更新しました

米10年国債利回りは10年債の入札が低調で上昇しました

主要指数とセクター別騰落率

(セクター別騰落率はSPDR S&P500業種別ETF)

保有株: 騰落率ランキング

-米国株サマリー

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5