CEG 決算まとめ

【決算】5/9 寄り前 コンステレーション・エナジーが3%安

5/9の寄り前に決算を発表した原発最大手のコンステレーション・エナジー(CEG)は、寄り前3%安となっています

コンステレーション・エナジー(CEG)

1Q(1-3月期)は19%減収、調整後EPSは+133%で、調整後EPSは市場予想を上回りました

通期調整後EPS見通しは7.23~8.03ドルで据え置き、中央値は市場予想の7.41ドルを上回っています

8日に決算を発表した同業のビステラ(VST)同様、データセンターの需要急増に伴う電力需要として、原発関連銘柄の物色が続いており、公益事業セクターの株価がここもと好調です

1Q決算では、原発を主軸とした業績拡大の計画を維持していますが、前日までに大幅続伸した反動、または通期上方修正がなかったことへの失望からか、寄り前は売り優勢となっています

(以下、過去の決算発表銘柄)

-CEG, 決算まとめ

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5