DIS J ROK SRE 決算まとめ

【決算】5/7 寄り前 Disney+下振れのディズニーや通期下方修正のロックウェルが大幅安

5/7の寄り前に決算を発表した保有銘柄では、ウォルト・ディズニー(DIS)終値比5%安、ロックウェル(ROK)が6%安と売り優勢です

ウォルト・ディズニー(DIS)

1-3月期の収入と調整後EPSは市場予想を上回りましたが、Disney+の契約者数(q/q+3%の1万5360万人)が市場予想の1億5570万人を下回りました

通期調整後EPSの成長率見通しは従来予想の+20%から+25%に引き上げましたが、予想の+25.5%をわずかにショートしています。通期で80億ドル超のフリーキャッシュフローの創出に向けては順調だとしています

4-6月期のエンターテイメントDTC事業はさらに減速する見通しとしていますが、ストリーミング事業は引き続き7-9月期に黒字になると見込んでいます

ロックウェル・オートメーション(ROK)

2Qは市場予想を上回りましたが、通期見通しを下方修正しました

前四半期から受注は改善したものの、特に機械業を中心に顧客の在庫が当初の想定よりも一段と過剰な状況にあり、今期は受注の加速が見込めないとしています

ジェイコブス・ソリューションズ(J)

建設コンサル・エンジニアリングのジェイコブスは、通期調整後EPSのレンジを狭めました。受注残は市場予想をわずかに下回り、寄り前で1%安です

センプラ・エナジー(SRE)

カリフォルニア州の電力・ガス大手およびLNG輸出のセンプラは、天然ガス価格の下落によって1Qは大幅減収・減益となりましたが、EPSは市場予想を上回り、通期調整後EPS見通しは据え置きました

長期成長見通しも据え置きました

(以下、過去の決算発表銘柄)

-DIS, J, ROK, SRE, 決算まとめ

© 2024 とらいの米国株式投資ブログ Powered by AFFINGER5